HOME  > 労働関連(会社側)事件  > 労働関連(会社側)事件

労働関連(会社側)事件

当事務所では、労働分野も得意事件の一つとしております。労働法は特殊な法領域ですので、通常の取引と同様の感覚で判断してしまうと会社にとって取り返しのつかないことになりかねません。

近時増加している事件と致しましては、コラム等でも掲載しております通り、従業員が退職後に競業行為を行った場合や営業秘密を漏洩した場合です。当事務所では、不正競争防止法に基づく訴訟で勝訴しておりますし、不法行為に基づく訴訟や刑事告訴などにおいても豊富な経験と実績を有しています。

また、過労やうつ病による労災事件も増加しております。当事務所では、労基署から会社に連絡がなされた直後から訴訟を踏まえた対応をアドバイスすることが可能であり、残念ながら従業員が自殺してしまった事件など数多くの事件を実際に処理しています。

当事務所所長は、若かりし頃に労働組合側で活動をしていたこともあり、相手の戦術を熟知しておりますので、団体交渉などの労働事件にも数多く対応しております。